トップページ > 順張りと逆張りについて

順張りと逆張りについて

FXや株などの投資全般の専門用語になりますが、順張り、逆張りがあります。順張りは、相場が上がっているときに買うことを指します。相場の流れにのって、同じ方向の取引を行う売買の方法です。
例えば、1ドル=100円だった為替が、1ドル=103円になりました。
まだまだ上がりそうだと考え、「買いポジション」を取ることを順張りと言います。

次に逆張りですが、名前のとおり、順張りとは逆の売買をする方法です。
例えば、1ドル=100円だった為替が、1ドル=103円になりました。そろそろ天井を迎え下落するだろうと考え、「売りポジション」を取ります。
このように、流れに乗ることを順張り、そろそろ天井や反発と考えて、逆の動きでポジションを取ることを逆張りと言います。
よく「買い方」「売り方」という表現を使いますが、「買い」が得意な方と「売り」が得意な方に分かれるようです。自分がどちらなのかは、何度か取引をしてみないとわかりません。取引しなくても予想をしてみて、よく当たる方が適正があるとみても良いと思います。
でも、これは最初のレベルなので、勉強をしたり、取引を何度もこなして慣れていくうちに変わったり、両方が得意になったりもします。
個人的には順張りのほうは危険が少なくリターンも少なめで、逆張りは危険が大きいがリターンも大きいと捉えています。これは自分で確かめてみてください。
どちらが良いという訳でもなく、より利益を上げられるほうを選択したほうが良いと思います。

金融のアドバイス

知っているなら6万円をいますぐ借りる方法を教えて下さい。

ページトップへ戻る

SITE MENU

Copyright(C) おすすめのFX証券会社を選んでガッチリ取引. All Rights Reserved.