トップページ > 株式の購入方法

株式の購入方法

株そのものの購入は、証券会社を通じて購入する形になります。その際、株をどのような単位で購入すれば良いか悩むかと思います。というのも、株式(株券)は、購入する際に最低○○株からという決まりがあります。これらを踏まえて、株式の購入方法について、ご紹介しましょう。

 まず、最もスタンダードなのが、売買単位(単位株)で購入する方法です。株式は単位株制度と呼ばれる基準の下、最低限の株数が決められています。大抵の場合、1000株から取引できるようになっています。例えば、株式の額面が1株200円とすれば、1000株を最低購入しなければいけないため、20万円が必要となります。但し、銘柄によっては100株や1株単位で購入出来る場合があります。

 次に、ミニ株というものがあります。これは、通常の株式売買単位の1/10で取引出来る制度です。これにより、数十万円の株式投資が数万円で済むようになります。そのため、株式初心者や運用資金が少ない方は、ミニ株への投資からスタートするのがベストです。

 最後に、株式累積投資という購入方法があります。これは、預金に置き換えると定期預金に似たものです。つまり、毎月の所定日に金額を支払い、証券会社を通じて銘柄ごとにまとめて購入する方法です。これは、長期投資を続けることにより、毎月一定の株数を購入するより、少額で同じの株数を購入できるメリットがあります。

 株式の購入にあたっては、自分の投資計画に合わせた購入方法が問われますので、自分で決めにくいという方は、是非証券会社の店頭で相談することをお勧めします。

金融のアドバイス

ページトップへ戻る

SITE MENU

Copyright(C) おすすめのFX証券会社を選んでガッチリ取引. All Rights Reserved.