トップページ > スワップ金利

スワップ金利

FXのスワップ金利は、FX取引の大きなメリットです。株で言えば配当金の
ようなものです。


スワップ金利というのは、通貨間の金利差のこと。イメージで解り易く言え
ば、金利の低い銀行で借りて、金利の高い銀行に預ければ儲かるといった感
じです。


とても美味い話に思えますが、もちろんリスクがあります。


それが「為替リスク」です。


解り易く銀行で借りて、銀行で預けるという例え話をしました。この例えの
ように、日本国内で易い金利の日本円を借り、高い金利の銀行に預ければ、
これは儲かって確かに美味い話です。


しかしFXのスワップ金利の場合は、日本円とドルを例にすると、日本円で
借りて、ドルに代えてドルを預けることになります。


つまり借りた日本円の金利は支払うことになり、代わりに預けたドルの金利
を受け取ることになります。この差額がスワップ金利となるわけです。


解り易く式で書くと、こうなります。


受け取れる金利 − 支払う金利 = スワップ金利


つまりドルに代えて預ける時点で、為替変動によるリスクが常につきまとう
というわけです。


現在の所、日本は低金利なので、円での取引ならどの国の通貨を買いポジ
ションで持っていても、スワップポイントが付いて金利を受け取れます。


ただどん何スワップポイントが大きかったとしても、為替変動によるリスク
をカバーしきれるものではありませんので、スワップ目的でFXを始める場合
でも、ロスカットなどのリスク管理は重要です。


リスクを踏まえてスワップを重視するなら、当然スワップポイントの大きい
業者で取引するのが有利です。


FXのスワップ金利は業者ごとに異なり、また日々変動しています。今日現在
ベストの金利を提示している業者でも、明日は違うかもしれません。また逆
の取引の場合、スワップを支払わなければならないことも覚えておく必要が
あるでしょう。

金融のアドバイス

ページトップへ戻る

SITE MENU

Copyright(C) おすすめのFX証券会社を選んでガッチリ取引. All Rights Reserved.