トップページ > 難しくなってきた投資先

難しくなってきた投資先

"銀行の金利などは、数十年に渡る低金利状態が継続していますし、ある程度の利益を求めるとなると、何かに投資するしかないのが現状であるのでしょう。

投資の基本は投資先が低価格である時に仕込み、値上がりしてから売るということになります。
しかし、胡散臭い投資先も多く詐欺も後をたちません。

株や為替も一時の円高や株の低迷時期を抜け出し、一番おいしい時期は過ぎ去り、アベノミクスの効果もあり、投資資金は住宅などの不動産などへとシフトしてきているようです。

景気指標はおおむね上昇傾向にあり、景気は上昇してきているようですが、この先何が上昇しそうか、投資は博打でもあります。
不安であるのであれば、投資信託などある程度の金利内でリスクを抑えた投資がよいのかもしれません。

「虎穴にいらずんば虎児を得ず」「君子危うきに近寄らず」どちらも投資には言える言葉であるとおもいます。
ハイリスクハイリターンを求めるか、リスクヘッジしながら投資するのか、やはり性格に合うものを選ぶしかないのでしょう。

そして、おいしすぎる投資先には、最新の注意をすることを忘れない事でしょう。

"

金融のアドバイス

今すぐ6万円が必要なあなたに朗報!6万円借りるだけでもOKな人気のキャッシング会社比較サイト

ページトップへ戻る

SITE MENU

Copyright(C) おすすめのFX証券会社を選んでガッチリ取引. All Rights Reserved.